イーモ(emo)の使い方を当ブログでご紹介【写真付き】

イーモ使い方

以前、イーモ購入品のレビューを当ブログでご紹介しましたが、今回はイーモの使い方を写真付きでご説明していきたいと思います。

家庭用脱毛器をはじめて購入した時って、使い方とかいまいち分からなかったり、気を付けていても間違った使い方をしてしまうことってありますよね。

特に多いのは、順序が逆になってしまうことです。

使用方法を間違うと火傷の原因になったり、肌への負担が大きくなってしまうので、そのような事がないように正しい使い方を身に付けてイーモで脱毛を行いましょう。

スポンサーリンク

イーモの使い方(写真付き)

1. コンセントをプラグに差し込み、イーモ本体の正面右側にある電源を入れます。この時に、必要なもの(タオルなど)は先に用意しておくと効率よく脱毛を開始することができます。

電源を入れた直後

2. 電源を入れると、ウィーンという音とともにピッ、ピッ、ピッという音が鳴り出します。これは機械の準備タイムになります。
※この時は右側の電源ランプは赤のままです。

照射を行える状態

3. そのままにしておくと、10秒程で音が鳴り終わります。
ピーッと最後の音が鳴り終わったら照射ができる状態となります。
※右側の電源ランプは緑に変わります。

4. 肌の色と出力の設定を行います。
肌の色は3種類から選べます。
左が色黒、真ん中が普通、右が色白な人となります。
出力は1段階~10段階まで設定可能です。
普段からムダ毛処理をしていてお肌が傷んでいる方は弱めに設定した方がいいかもしれません。

5. 照射の前には、付属のクールパックで必ず脱毛部分を冷やして下さい。
患部を冷やし、痺れさせることによって、肌へのダメージや痛みを軽減することができます。

【注意点】
ここは結構間違ってしまう方が多いようですが、照射後に冷やすのではなく、照射前に冷やすことが大切です。
イーモを使用する前に必ずクールパックを冷凍庫で冷やしておいてください。

6. サングラスをかけ、イーモの本体に繋がっているハンドピースを持ち、冷やした部分に当てます。

ハンドピースを当てている状態

7. ハンドピースを当てると、ピッピッピッピッと少し早めな音が鳴りはじめます。
照射準備はもうできているので、ハンドピースの裏側にあるボタンを押しましょう。
※当てている最中は電源ボタンが赤色になります。

8. 裏側のボタンを押すと、パッ、パッという音とともに2回赤い光が放たれます。
この光で脱毛部分の毛に刺激を与えるのです。

9. その後またクールパックで照射した箇所を冷やします。
※5秒くらい

10. 以上で1部分の照射は完了です。
あとはこれの繰り返しとなります。

スポンサーリンク

注意事項

照射を連続して行う場合は、必ず10秒間待たなくてはいけません。

照射後は、電源を入れた時と同様にピッ、ピッ、ピッという音が10秒間鳴ります。

最後の音はピーッと少し長めに鳴るので、その音が鳴り、電源ボタンが緑色になったのを確認してから照射するよう心掛けてくださいね。

それから、一度照射した部分は二度やらないよう気を付けてください。

広範囲の照射を行っていると、つい「どこまでやったっけ?…ここはやってないだろうからもう一回やっちゃおう!」と、同じ部分を繰り返してしまうことがあります。

これは肌トラブルの原因となりかねないので、十分な注意が必要となります。

また、付属のサングラスはご自身の判断でご使用ください。

私の場合は使用しなくても大丈夫でしたが、目を保護する役割をもっているので心配な方は使用しましょう。

スポンサーリンク

男女問わず使用可能

イーモは『女性が使う家庭用脱毛器』と思っている方も多いと思いますが、男性の方でももちろん使用することができます。

新型のケノンイーモリジュは男性への認知度が上がり、「自宅で気軽にヒゲ脱毛したい!」という多くの方が愛用しているようです。

エステやクリニックで脱毛してもらうのは恥ずかしい…ムダ毛は自分でなんとかしたい。と思っている方に、イーモシリーズは手放せない必須アイテムとなりそうですね。