小顔効果やリフトアップも期待できる!かっさマッサージのやり方

かっさフェイシャルプレート
かっさフェイシャルプレート

かっさ(刮痧)とは、専用のプレートを使うことで血流やリンパの流れを促し、

老廃物を流れさせることで痛みや不調を緩和させる、中国の民間療法のことです。

専用のプレートを使うことで自宅でも簡単にできるため、

手軽にコストをかけず取り組めるのが最大の魅力。

数年前からTVなどでも注目され始め、

密かなブームになっています。

今日はこの”かっさマッサージ”の正しいやり方をご紹介し、

自宅で簡単にできるケアをお話していきましょう。

 

スポンサーリンク

かっさマッサージってどんな効果があるの?

そもそもかっさ(刮痧)とは、中国式の治療として有名な「お灸や鍼」とさほど変わらない長年の歴史を残し、数千年前から伝えられてきた民間療法のことを言います。

まずかっさという言葉の意味ですが、漢字では刮痧と書き、

刮・・・擦る、削る、さする

痧・・・汚血(汚れた血)

を意味します。

つまりかっさマッサージとは、皮膚をさすって汚血を流し、

老廃物や汚血が体内に留まること無いよう排出するマッサージなのです。

そしてかっさマッサージの主な効果ですが、

  • むくみ解消…体内に溜まった余分な水分を排出させ、むくみを無くす。
  • 血行促進…血流を良くして、体内の血の巡りを改善し冷え性にも効果がある。
  • 肩こり解消…筋肉の張りを和らげ、こりを無くす。
  • 便秘解消…蝶の動きを活発にして、お通じを良くする。
  • リフトアップ…緩んだ顔の筋肉を引き締めて、顔の肉を持ち上げる。
  • 小顔効果…顔のリンパを流して留まらないようにする。

以上のような効果があります。

あなたは、寝起きに疲れが残っていたり、

食欲がないなどといった身体の不調を感じたことはありませんか?

病院に行くほどでもないけど、少し気になる不調・・・

それは病気になる一歩手前の合図なんだそうです。

なぜこのような現象が起きてしまうのかというと、

実際には「生活習慣・ストレス・暴飲暴食」などが関係していて、

身体を構成する要素が崩れてしまうのが原因と言われています。

そこで、かっさマッサージを行うことで全身の機能を活性化させ、

体内に眠っている毒素を取り除くことができるのです。

人間の身体を構成している「気・血・水」のバランスを整えることができるため、

身体の不調を治すとともにエステ並みの美容効果も得られるそうですよ(^^)

 

かっさマッサージに必要な物って?

かっさマッサージには、”かっさプレート”と呼ばれるプレートが必要になります。

上記のタイプが、最もポピュラーな”羽型”と呼ばれるかっさプレートの形状になります。

ところどころ凹凸があり、体の部位によって使い分けていくのですが、

先端部分はツボを押す時、平たい部分は体の広い部分やストレッチさせる時に使います。

素材はプラスチック・陶器・ステンレス・天然石・牛の角など様々なものがあるので、

肌に当たった漢字などから、あなたに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

かっさプレートはAmazonなどにも豊富に種類がありますし、実際に手に取って見てみたい場合は、

マツモトキヨシなどのドラッグストアや、ロフトなどの雑貨店でも手に入れることができます。

 

値段は素材にもよるのですが、数百円台から買うことができます。

微弱なマイクロカレントが流れるようなものや、天然石を豊富に使っているもの、

金属を使っているものだと、5000円とか、中には数万円するものもありますが、

ご自身の用途に合わせて、プレートを選ぶようにしてくださいね。

 

かっさマッサージの具体的なやり方

まず、かっさマッサージを行う際は、必ずクリームや乳液などを使うようにしましょう。

使わずに行うと、肌に強い摩擦がかかってしまい、

肌を傷つけたり、たるみの原因になってしまったりします。

普段使いのもので大丈夫なので、しっかりとクリームや乳液を使った上で、

かっさマッサージを行うようにしましょう。

かっさマッサージは、経絡という気の流れに沿って行うため、

左半身から行うのが基本です。

<顔のマッサージ>

1.左側の耳上部からあご下に向かって上から下へ5回


エラの角あたりから耳たぶ付近まで下から上へ5回


鎖骨上部の中央から肩に行き届くよう意識して5回


計3ヶ所こする。

2.眉毛の上からスタートして生え際までをゴールに3回


鼻のふくらみ部分からこめかみに向けて3回


口唇の端からあごの付け根まで3回


あごの中央から耳上部にかけて3回


円を描くようにクルクル回しながら計4ヶ所こする。

3.次は「おでこの中央・鼻のふくらみ部分・口唇の端・あごの真ん中」これらの位置から耳上部にかけて1回ずつなぞる。

4.耳上部に流されてきた老廃物を、なぞるようなイメージで鎖骨に向かって排出していく。

5.片方のケアが終わったら、反対側の面も同じやり方でマッサージを行う。

※腕と脚のマッサージは、外側は下に向けて、内側は上に向かって流していきましょう。

 

かっさプレートが用意できない場合は、”れんげ”で代用することも可能です。

《 準備するもの 》

●陶器タイプのれんげ(持ち手が平らではなくカーブしているもの)
●普段使用している美容クリーム

れんげ&美容クリーム

その場合、れんげの持ち手の部分で先ほどの1.2.の手順を行い、すくう側で4.以降のケアを行いましょう。

かっさマッサージは、「痛気持ちいい」くらいの力加減でやると、

ツボが刺激されて、しっかりと血流とリンパを流すことができます。

テレビやパソコンを見ながらでも手軽にできるので、

お風呂上りなどに行い、1日の疲れをかっさマッサージで癒しましょう。

就寝前にやっておけば、翌朝の目覚めも体もすっきりして、

寝起きが良くなりますよ!

美容と健康のためにも、これからかっさマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか?

自己ケアではなく、エステサロンでプロならではの施術を受けてみたい方は、「恵(グレイス)」で提供しているかっさマッサージがおすすめですよ♪