脱毛後のケアで気を付けなければならないこと!正しいアフターケアの仕方とは

あなたは脱毛サロンに行った後の、

アフターケアはどうされていますか?

正しいアフターケアをするかどうかで、

あなたの肌のキレイさはもちろん、今後の脱毛の効果が全然違ってきます。

これから脱毛に通う時に、

最大の効果を得られるように、正しいアフターケアのやり方を覚えていきましょうね♪

エステティシャンの女性

脱毛直後のお肌は熱がこもった状態になっているため、

サロンでは施術後に、冷却パッドやキンキンに冷えたタオルでクールダウンしてお肌の炎症を抑えていきます。

数時間経っても熱が残っているように感じたら、自宅でも冷たいタオルなどで患部を冷やし、

炎症が起きないよう自己防止してください。

また脱毛した当日はぬるめのシャワーのみで済ませ、

湯船に浸かることは控えましょう。

とにかく、肌に熱を持たせないように気を付けてくださいね。

肌が敏感になっているので、

体を洗う時にボディタオルで擦るのもNG。

手のひらで優しく洗うようにして、お風呂上りもタオルで擦らずに、

そっと押し当てるようにして水気を取りましょう。

※男性の場合は、よくスクラブ入りの洗顔料を使っている方が多いようですが、

ヒゲ脱毛をした後は肌が敏感になっているため、

お肌に刺激を与える洗顔料を使って顔を洗うのは避けましょう。

肌トラブルの原因にもなりかねないので、

1週間程度は刺激のあるものは避け、なるべくお肌にやさしい

弱酸性の洗顔料を使うように心掛けてくださいね。

また、脱毛直後に一番重要なのが、“保湿”です。

脱毛をしてからしっかり保湿をすると、

乾燥を防いで敏感になっている肌を健やかに保つことができるだけでなく、

肌を柔らかくしておけるので、埋もれていた毛が出やすくなります。

なので、次回以降の脱毛効果を高くすることができるんですよ♪

保湿にはお手持ちのクリームやローションで十分ですが、

できれば敏感肌用のローションや乳液を使うことが望ましいです。

それらを使う前に、あらかじめ冷蔵庫で冷やした化粧水をつけておくと、

さらに保湿効果がアップしますよ!

 

スポンサーリンク

家庭用脱毛器を使用した場合

家庭用脱毛器では、サロンで行う方法とは違い、

照射しながらその都度、患部を冷やしていく形になります。

安全性を考慮した作りになっているため、

お肌に安全ではありますが、決して油断しないようご注意ください。

脱毛した直後の毛穴は開いている状態ですから、

放っておくと雑菌が入ってしまい、炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

冷水で絞った濡れタオルを肌に当てるだけでOKですから、

忘れずにケアしてくださいね。

きちんと毛穴の引き締めをやっておけば、

肌のキメも大きく違ってきますよ!

家庭用脱毛器の場合でも、

敏感肌用のローションやクリームで保湿することを忘れないでくださいね。

範囲が狭い場合には、コットンを使用してトントンと優しく叩くのも良いですし、

反対に範囲が広い場合には、スプレーやミストタイプのボディ用化粧水を使ってもいいでしょう。

軽く一噴きした後に肌になじませるだけですから、

より手軽に保湿することができますよ♪

万が一、照射した部分にトラブルがあった場合は、

すぐさま近くの病院に相談しましょう。

医療クリニックでは、何かあってもすぐに処置してもらえますが、

自宅で脱毛を行った場合は、炎症や化膿などのトラブルが起きてしまっても、対処のしようがありません。

軽い気持ちで「大丈夫だろう。」と放っておくのではなく、

必ず適切な処置を受けてくださいね。

ワックス脱毛の場合も、肌に負担が掛かりやすいので、

忘れずにケアしてあげましょう!

 

スポンサーリンク

脱毛直後はこんな事に注意しよう!

 

問い掛ける女性

脱毛直後にやってはいけない、NG行為というのも存在します。

せっかく脱毛しても、このNG行為をやってしまうことで

肌荒れの原因になってしまうので、注意してくださいね!

・NG行為その1”日焼け”

照射した後のお肌は、強い紫外線を浴びるとシミやそばかすの原因になるので、

日焼けをしないように十分注意してください。

この時、日焼け止めクリームを使うのではなく、

帽子や日傘などで日焼け対策しましょう。

夏に海水浴などに行く予定がある場合は、その前後3ヶ月くらいは脱毛は避けた方が良いと思います。

 

・NG行為その2”毛抜きによる処理”

脱毛した部分でも1ヶ月ほどすると毛周期の関係でムダ毛が生えてきますが、

毛抜きで抜くと炎症を起こしてしまいます。

また、次回の脱毛時に毛根に反応しにくくなり効果が半減してしまうので、

無理に抜かないように注意してください。

どうしても気になる場合は、シェーバーで軽く剃るようにしましょう。

 

・NG行為その3”予防接種”

体質によっては、敏感になっている肌にアルコールを塗ったり、

針を刺すことで影響が出てしまうことがあります。

脱毛の前後10日くらいは予防接種は控えましょう。

 

・NG行為その4”制汗剤などの使用”

毛穴が開いている状態での制汗剤、日焼け止めクリーム肌荒れの原因となる恐れがあります。

 

・NG行為その5”脱毛した部位を締め付ける服装”

締め付けや衣服で肌がこすれることにより、ダメージを与える場合があります。

たとえば脚を脱毛した場合、

肌が弱い方は、ストッキングやタイツのような脚を締め付けてしまう服を着るのは避けましょう。

 

スポンサーリンク

脱毛期間中の月経時について

女性は自分の月経周期に注意してください。

月経中の照射の可否については、

サロンによっても見解が違うことがよくありますので、

カウンセリングの際にスタッフに確認しておきましょう。

具体的には、月経中の照射についてはすべてNGというサロン、

月経3~4日目以降なら構わないというサロン等あります。

肌のトラブルを避けるため必ずサロンの指示に従ってください。

どのサロンでもVIOライン(性器周辺のデリケートゾーン)については、

月経期間中の照射は衛生上の理由でNGです。

次回の予約を取る時には月経予定期間を避けるのはもちろんのこと、

もしそれ以降の周期のずれで予約日と重なってしまいそうになったら、

早めにサロンに電話を入れ予約の変更をしましょう。

月経周期が不安定な方は、

日頃から睡眠をよくとる、ストレスをためない等に注意して、

極力定期的にサロンに通えるよう努力をしましょう。

脱毛に行くペースが不定期になってしまうと、

その分効果が薄くなってしまうこともあります。

脱毛直後に気を付けることはいくつかありますが、

これをやっておけば、肌へのダメージを最小限にしながら

効率よく脱毛することができます。

ムダ毛の無いキレイな肌を保つためにも、

日頃から意識していきましょうね!