脱毛の種類|メリットやデメリットもご紹介!

脱毛の種類|メリットとデメリット

“脱毛”と一口にいってもその種類はさまざまです。

カミソリや毛抜きで自己処理するセルフ脱毛をはじめ、エステや美容クリニックで行う「針脱毛」「光脱毛」「医療レーザー脱毛」などがあります。

近年では、「家庭用脱毛器」も多くの商品が販売され、男女問わず愛用者が続出しているようです。

脱毛自体には興味があっても、どんな種類があるかまでは知らない人が大半だと思うので、少しお勉強してみませんか?(^O^)/

脱毛の種類によって得られる効果はさまざまなので、ぜひそれぞれのメリットやデメリットを確認してみてください。

スポンサーリンク

光脱毛とは?

現在脱毛エステサロンで施術してもらえる、いわゆる「脱毛エステ」というのは、光脱毛のことを示しています。

サロンによってはフラッシュ脱毛、IPL脱毛などの呼び名がありますが、基本的には光脱毛と同じものと考えてよいでしょう。

毛根のダメージ

光脱毛の原理とは、強い光を皮膚に照射することで、毛穴の奥の発毛組織にダメージを与え、それ以降の毛を生えなくすることです。

もちろん、ただ単に光を皮膚に照射しているのではなく、黒い色素に反応するように調整された特殊な光となっています。

そのため、毛を剃った箇所があれば、光のエネルギーがその断面をつたって毛穴の奥に到達し、発毛組織を破壊することができるのです。

医療機関などで受けられるレーザー脱毛もよく似た原理を使っていますが、レーザーは光脱毛より強い光線で肌への負担も大きいため、エステサロンでの使用は認められていません。

特に、施術時の痛みが強いため麻酔を使ったり、施術後に腫れたり炎症を起こしたりというケースが比較的多く起こるようです。

エステで受けられる光脱毛はそこまで強いものではないので、効果はレーザーよりも劣るものの、皮膚への安全性は高いといえます。

肌が弱いため、レーザー脱毛は強すぎて使えないという人でも、サロン脱毛ならOKという場合があります。

また、光脱毛の照射は肌質改善効果があり、サロンによっては光脱毛の機器をフェイシャルエステ用にも使用しているくらいです。

そのため、光脱毛の副効果で皮膚のたるみやシワの改善がみられる人もいます。

最近は、家庭用脱毛器も人気を集めていますが、こちらも光脱毛の原理をつかったものです。

サロンでは大型の機器ですが、それを家庭用に小型化し出力を弱めたものといったイメージです。

脱毛効果はサロンに劣りますが、フェイシャルエステにも使え、一般の人でも使えるくらい安全性も高くなっています。

光脱毛は、残念ながら一度照射しただけでは終わりません。

毛には、毛周期というものがあり、脱毛の効果が表れるのは、発育中の毛だけです。

その分量は全体の毛の20%程度、あるいはもっと少ないともいわれています。

毛が生えていない毛穴やもうすぐ抜けそうな毛に関しては、光脱毛の効果がありません。

そのため、脱毛サロンでの照射は3ヶ月ほどの間をあけて、6回から12回くらいの施術(時間にして1年半から2年半程度の期間)が必要となります。

光脱毛のメリットとデメリット

メリット
1. エステ脱毛の中で一番痛みが少ない
2. 肌へのダメージが少ない
3. 一度に広範囲の脱毛ができるため短時間で施術可能
4. 二次的効果としてワキガ症状も軽減できる

デメリット
1. 毛の状態や部位によっては脱毛効果が低い
2. 肌がデリケートな人や日焼け後などは脱毛できない
3. 長時間光線を当てたり、施術者の技術不足などによりヤケドや水ぶくれ、色素沈着などの恐れがある

スポンサーリンク

医療レーザー脱毛とは?

医療機関

医療レーザー脱毛とは、美容皮膚科などの医療機関、すなわち病院やクリニックで受けられる施術方法です。

その原理は、黒い色素に反応するレーザーを皮膚に照射することで、毛穴の奥の発毛組織を破壊し、それ以降毛が生えてこないようにするという方法です。

医療レーザーの機械では、とても強いレーザーが出せますが、肌に照射することは医療行為にあたります。

レーザー脱毛は設備の整った医療機関のみで受けられるものであり、一般のエステサロンでは取り扱いができないということを頭に入れておきましょう。

現在、医療レーザー脱毛を受けられる医療機関は美容皮膚科を中心に、美容外科、一般の皮膚科、また医療レーザー脱毛専門の皮膚科など幅広く普及しつつあります。

レーザーの出力が強いため、施術時の痛みを気にされる方が多いですが、一般的には輪ゴムで弾かれた程度の痛みです。

個人差や部位差もありますが、出力の弱いサロン脱毛よりは痛いと言われています。

しかし、特に痛みを感じる個所や痛みに弱い方の場合には、麻酔クリームを塗って処置することもできますので、痛みについては心配いりません。

医療レーザー脱毛の機械の種類

医療レーザー脱毛の主な機械には、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ルビーレーザー、ヤグレーザーなどがあります。

その中でもアレキサンドライトとダイオードの2つは比較的日本人の肌質に合うことから、現在多くのクリニックで使用され、実績も増えてきています。

アレキサンドライトレーザーの特徴

アレキサンドライトは、シミそばかすの治療にも使われるもので、肌質改善効果も期待できるということ。

照射時に同時に冷却する装置がついているので、肌を冷やすジェルの塗布が必要ないことがあります。

ダイオードレーザーの特徴

ダイオードは、日焼けした肌や色素沈着した部分にも効果が発揮できる点で、より日本人の肌質に合っていると言われています。

また、脱毛専用に開発された機械で、産毛にも高い効果を発揮します。こちらも冷却装置がついているのでジェルが必要ありません。

医療レーザー脱毛自体は、1990年代にアメリカで発明された手法ですが、日本においても日本人の肌や毛に合うように研究が進められており、新しい機械がどんどん開発されています。

どの機械を取り扱っているかはクリニックによっても異なりますので、カウンセリングの際には肌の状態について相談し、適切な機器を選択してもらいましょう。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

メリット
1. 一度に広範囲の脱毛ができるため短時間で施術可能
2. 肌へのダメージが少なく他の脱毛法より安全性が高い
3. 針脱毛に比べて痛みが少ない
4. 二次的効果としてワキガ症状も軽減できる

デメリット
1. 肌がデリケートな人や日焼け後などは脱毛できない
2. 毛の状態や部位によっては脱毛効果が低い
3. レーザーの出力により、ヤケドや水ぶくれ、色素沈着などの恐れがある

スポンサーリンク

針脱毛とは?

針脱毛とは、毛穴ひとつひとつにごく細い針を差し込み、そこから微弱な電流を流して、毛を作る組織である毛乳頭を破壊する脱毛法のことを言います。

※「ニードル脱毛」「ブレンド法」とも呼ばれています。

電流により毛根を焼き切って毛根部を破壊するため、ムダ毛は永久に生えてこなくなる場合が大半で、他の脱毛法に比べて効果は一番高いです。

ですが、小さな毛穴ひとつひとつに針を差し込んで処理していかなくてはならないため、『手間と費用』がかかる施術法でもあります。

今でも、脱毛するにあたって高額な印象を受けてしまうのは、昔ならではの施術方法をイメージしてしまうからなのかもしれません。

その針脱毛も、今や一度に広範囲を処理でき、時間や手間、費用も格段に抑えられる光脱毛に主役の座をとられてしました。

しかし、針脱毛は光脱毛にはない利点もありますので、場合によって使い分けると言ったことも可能です。

針脱毛は、一度処理してしまえばその毛穴からは二度と生えてこないと言われているほど確実なものでもありますからね。

色黒の人は針脱毛の方がより確実に効果を得られることができ、乳輪周辺などの色素が濃い部分の脱毛などにも適しているんです。

ただ、一般的に費用が高額であり、施術費用も個人の毛の本数により変わって来ます。

例えば、光脱毛なら毎回の施術がワキで15分程度ですが、針脱毛の初回は2、3時間かかります。

もちろん毛を1本1本処理するため、時間もそれだけ多くかかり、両ワキなら最低でも20万円といった『高額な費用』がかかってしまいます。

また、毛穴に直接針を刺して電流を流すため刺激が強く、他の施術方法と比べると強い痛みを感じる方が多いといわれています。

効果が出やすいだけに、毛穴の炎症や色素沈着などのトラブル事例も多く報告されています。

さらに、毛を目視しながら処理していくため、脱毛部位の毛を5ミリから1センチ程度伸ばさなくてはなりません。

これだけ伸ばすのにはお手入れを2週間程度中断する必要があるので、状況によっては負担になるかもしれません。

以上のように、非常に効果は高いものの針脱毛の優位性は段々となくなりつつあり、現在、針脱毛を行ってくれるサロンやクリニックは減少しています。

古くから脱毛の施術を行っている総合エステサロンや、一部の美容皮膚科などでは扱っている場合もあるので、興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

基本的には、光脱毛や医療レーザー脱毛の方が経済的にもおすすめですが、場合によっては針脱毛という選択もあるということを覚えておくといいかもしれません。

針脱毛のメリットとデメリット

メリット
1. 永久脱毛の効果が一番高い
2. 部位を選ばないので全身どこでも可能
3. 肌荒れや日焼けの後などがあっても可能
4. 太い毛でも産毛のような細い毛でも可能

デメリット
1. 微弱電流で毛穴のひとつひとつに針を刺すので時間がかかる
2. 強い痛みがある
3. 施術者が熟練していないと効果が得られないリスクがある
4. 機械や電流出力などにより、ヤケドや水ぶくれ、色素沈着などの恐れがある

永久脱毛とは?

永久脱毛とは、一度処理した毛がその後生えてこなくなることをいいます。

永久に生えてこなくなる=お手入れする必要がないので、永久脱毛は今も昔も変わらず人気があります。

ただし、永久といっても一生、生えてこなくなるかは現時点ではわかりません。

というのも、何十年もの月日がたった後の効果実例が存在しないため、永久に生えてこなくなるのか定かではないからです。

10年や20年生えてこないだけで、永久に生えてこなくなるとは限りませんからね。

とは言っても、脱毛器、毛抜き、ワックス等の一時的な脱毛と比べると、サロンやクリニックの方が圧倒的に長期間の脱毛効果が得られることは間違いありません。

現在、脱毛業界での主流は 光脱毛(フラッシュ脱毛)ですが、こちらは永久と言う言葉が相応しいかどうかは曖昧なところです。

発明からまだ日が浅く、十数年程前から一気に広まったものなので、数十年単位の継続的な効果については研究中の段階になります。

永久脱毛なら「医療レーザーか針脱毛」

医療レーザー脱毛は、美容皮膚科などの医療機関のみで施術を受けることができますが、機械の出力が強いため、繰り返し施術を行うことで永久脱毛により近い状態へと導いてくれます。

光脱毛に比べ費用は多少高くなりますが、少ない期間で高い効果を得られたいのであれば、医療レーザーがお勧めです。

また、今はあまり使われていませんが、針脱毛(ニードル脱毛)も永久脱毛には欠かせません。

医療レーザーよりも痛みが強いとされ、費用も高額ではありますが、たった一度施術を行うだけで毛は生えてこなくなると言われてますからね。

家庭用脱毛器とは?

最近では家庭用脱毛器に人気が集まってきていますが、簡単に言うと光脱毛を家庭で手軽に行えるものです。

照射の出力はサロンの大型の機械にはかないませんが、空いている時間に自宅で手軽に使えるということや、リーズナブルな点、カートリッジを取り換えて美顔器としても使えるなど、たくさんのメリットがあります。

家庭用脱毛器として有名なのは、「ケノン」「ラヴィ」「ノーノーシリーズ」「エスピル」などでしょうか。

ケノンは男性の剛毛なひげにも使えるので、忙しいビジネスマンや美容男子にも相性が良さそうですね!

脱毛は長期的に考えるべき!

針脱毛以外の脱毛方法に対して言えることですが、施術では皮膚の表面に生えてきている毛しか処理できないため、脱毛には長い期間がかかります。

皮膚から生えている毛は全体の20~30%と言われており、残りは発毛の前段階の休止期という状態です。

これらの休止している毛は、皮膚から生えた後にようやく「脱毛処理」を行うことができるようになるのです。

永久的に生えて来ないような脱毛を望むなら、時間をかけて何度も足を運んで施術を行うことが必要不可欠となります。

場合によっては、何年もの期間がかかるので根気が必要かもしれません。