医療レーザーと光脱毛の違い【メリットやデメリットも解説】

医師

サロンでの光脱毛や、医療機関での医療レーザーは、基本的に同じ原理に基づく脱毛方法です。

その原理とは、光線や熱によって毛穴の奥の毛乳頭という発毛組織を破壊し、それ以降毛が生えてこないようにすることです。

では、具体的にサロン脱毛と医療レーザー脱毛ではどこに違いがあるのか。

そう思われた方もいるかと思うので、以下でご説明させていただきます。

まず、医療レーザーでの脱毛は特定の病院やクリニックなどの医療機関でしか施術ができないという点です。

医療レーザーを使った施術は医療行為にあたり、医師の在籍する病院でしか使用が認められていないのです。

上記の点は意外と知らない方が多く、今後脱毛を受けたいと思っている方は覚えておくといいでしょう。

しかしながら、違いはこれだけではありません。

光脱毛と医療レーザーの最大の違いは、『脱毛機器の出力』といえます。

スポンサーリンク

脱毛時の効果の違い

医療レーザーでは、サロン脱毛よりも出力の高い強力な機械を使って施術をするため、当然医療レーザーの方が脱毛の効果は高くなります。

一般的に施術回数はサロン脱毛の半分程度で済み、効果の永続性もより高いといわれています。

たとえば、医療レーザーを扱う医院の中には、「5回程度の施術でほとんど生えてこなくなりますよ。」と断言するところもあります。

サロン脱毛では、通常10回以上の施術を必要とするので、医療レーザーの効果の程がうかがえると思います。

ただし、出力は強ければいいというものでもありません。

機械の出力が強いということは、それだけ『肌への負担が大きい』ことを意味します。

一般的にサロン脱毛より医療レーザーの方が施術時の痛みが強いと言われているので、施術後の腫れや炎症などが起きる確率は、医療レーザーの方が圧倒的に高くなってしまいます。

その点、サロン脱毛では出力が抑えられているので、肌トラブルは比較的少ないといえます。

中には医療レーザーを試してみたけど、出力が強すぎて肌に合わず、サロン脱毛に切り替えた方もいるようです。

脱毛を始める前に、一度カウンセリングで相談してみて、ご自身の肌状態に合った方法で選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

脱毛費用の違い

また、脱毛にかかる費用も大きく異なっています。

医療レーザーの施術を受ける際にかかる費用は、サロン脱毛の約2倍~3倍程度です。

医療といっても保険はきかないので、高額な金額になってしまいます。

施術回数はサロン脱毛より少なくて済みますが、全身を医療レーザーで脱毛しようとすると、数十万円~百万円近い金額が必要になってきます。

そのため、医療レーザー脱毛は比較的お金に余裕のある20代後半から30代以降の年代に支持されているそうです。

結果的に、現代では金銭的にも負担が少なくて済むサロンでの脱毛を選ばれている方が多く見受けられます。

芸能人やモデルさんのような、美しい肌を求める若い女性を中心に支持されているためかもしれません。

スポンサーリンク

医療レーザー脱毛のメリット

女医
医療レーザー脱毛でのメリットは、効果が非常に高いことです。

クリニックでは、エステサロンで使用が認められていない高出力のレーザーも照射できます。

サロン脱毛では一般に10回以上の照射が必要となるケースが多いですが、医療レーザー脱毛であれば3、4回の照射で大部分の毛が生えてこなくなります。

そのため、通う回数が比較的少なくて済むので、仕事で忙しい女性にとってはすごく便利です。

また、サロン脱毛で処理しきれないうぶ毛や細い毛も、高出力の医療レーザーなら脱毛できる場合があります。

サロン脱毛以上の完璧に近い仕上がりを求める方には、医療レーザーが選ばれています。

もちろん個人差はありますので、体験脱毛などを利用して試してみるのもいいと思います。

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛での最大のデメリットは、レーザーが高出力ゆえに、エステサロンで脱毛するよりも肌を痛める可能性が高くなることです。

サロン脱毛では、施術後に腫れたりすることは比較的少ないですが、医療レーザーだと一時的な腫れや赤みがでてしまいます。

施術時はサロン脱毛より痛みが激しく伴います。太い毛が密集して生えている場合、少し我慢が必要です。

施術後の痛みや腫れがひどいようなら、医師にすぐ相談し適切な処置をしてもらいましょう。

費用面でのデメリットもあり?

医療レーザー脱毛は、一般に非常に高価です。感覚的にはサロン脱毛の数倍かかるといってよいでしょう。

全身や広い範囲を医療レーザー脱毛で処理したい場合は50万円以上といった費用になってきますので、よく考えて契約しましょう。

クリニックによっては、無期限の保証をつけている所もあります。

脱毛完了後にまた生え始めるのが心配な方は、高いお金を払うのですから、そういった保証つきのプランを選ぶのが安心です。

実際、妊娠をきっかけにホルモンバランスが変わり、脱毛した箇所から再び生え始めることはよくあるそうです。

使い分けるのが得策!

このように、メリット・デメリットがありますが、脱毛上級者の中には、サロン脱毛と医療レーザーを使い分けている人もいます。

例えば、サロン脱毛を数回試してみて効果の薄い箇所だけ医療レーザー脱毛に切り替える。

あるいは仕事で人に見られる腕だけは完璧にしたいから医療レーザー脱毛で、その他はリーズナブルにサロン脱毛といったように使い分けるのもいいと思いますよ。

全身を医療レーザー脱毛する必要は必ずしもないので、これまでのサロン脱毛に満足できない方や、どうせやるなら高い効果を求めたいという方は、軽い気持ちでトライしてみてもいいかもしれません。

医療レーザー脱毛の金額と回数について

医療レーザー脱毛を受けられるクリニックは、都心部を中心に全国どこの地域にもありますが、施術に必要な金額はその医院によって異なってきます。

大体の金額を知るため、ネットや口コミなどで調べてみても、おそらく詳しい情報を知ることはできないでしょう。

というのも、クリニックによって年間フリーパスというシステムがあったり、回数や脱毛したい部位によって金額が変わってくるからです。

毛が太くて濃いほど、しぶとく残っていたりするので、予想していた回数よりも多くなってしまう場合があります。

ただ、毛が細く薄ければ2、3回程度で完全に生えてこなくなるということもあるそうなので、思っていた以上に安く済む可能性もあるかと思います。

これは誰にでも言えることですが、腕や脚に比べて、デリケートゾーンや男性のヒゲは毛が濃いめです。

ほとんどのクリニックで5回コースを用意していますが、求める脱毛度合いや部位によって行う回数、掛かる金額にも差がでます。

脱毛を経験したことがない方にとっては、クリニックの施術費用が、多少高く感じてしまうかもしれません。

ですが、医療レーザー脱毛は、エステサロンで使用されている機器よりも優れた技術を持っているため、出力が強く効果を期待することができます。

一回の施術でも十分な効果が表れるので、金額的には多少高く感じても、満足感は得られることでしょう。

部位別の料金

参考までに、医療レーザーで脱毛をした場合、どの程度の金額が掛かるかを、部位別で詳しくご紹介します。

料金一覧
顔全体  51,000円~
両ワキ   5,800円~
腕(ひじ上or下)33,150円~
脚(ひざ下)  40,000円~
背中  73,950円~
VIO   67,500円~
全身脱毛  360,000円~

上記は、当ブログで掲載しているクリニックの中での、各部位の最安料金となっています。

コース契約の場合、各クリニック毎に回数が変わる場合があるため、はじめにきちんと確認してから契約するようにしてくださいね。

また、ムダ毛を多少薄くしたいだけなら単発でもいいかと思いますが、永久的に毛を無くしたい方なら、コース契約をしたほうが良いと思いますよ。

単発(1回のみ)で脱毛していくよりも、コース契約がお得なのは確かですからね。

濃い毛でも少ない回数で永久脱毛

医療レーザー脱毛は高出力を実現しているため、男性の濃いヒゲでも比較的少ない回数で永久脱毛が可能となっています。

beforeafter

ちなみに、ゴリラクリニックでは、自分の思い通りのヒゲにできる「デザイン脱毛」が好評のようです。

どこのクリニックも金額的には然程変わりはありませんが、回数については、5回だったり6回だったりと違いがあります。

回数が少ないように感じるかもしれませんが、一回でも効果が高いため、5~6回程度の施術で完了するのです。

「なぜ5回コースなのか?」

脱毛は毛周期の関係上、数回に分けて施術を行っていく必要があり、1回の施術では全体の毛の約20%を無くすことが可能と言われています。

現在生えている毛に関しては、毛根のメラニンに目掛けてレーザーをあてると毛根を死滅させて無くすことはできます。

しかし、休止期の毛については、きちんと成長期にならないと死滅させることができません。

上記のことにより、最低でも5回はクリニックに通う必要性があるのです。

とはいえ、毛はすぐに生えるわけではないので、1~2ヶ月に1回通うだけで大丈夫です。

「エステサロンでの脱毛効果に満足していない」「完璧な施術を求めている」そういった方にはクリニックが合っていると思いますよ。