エステを受ける際は化粧をしていかないほうがいいの?受付NGになる?

素顔の女性

エステを受ける際は、化粧をして行かない方がいいの?初めてエステを体験する女性の多くが「エステサロンに行くときは、化粧をしない方がいいのかな?」と疑問に感じているようです。

施術する際に化粧を落とすことになるので、「エステティシャンの方の手間を増やすことになるのでは・・・?」と、

エステ前に化粧をすることを迷う方は、意外と多いんですね。

結論から言ってしまうと、化粧はしてもしなくてもどちらでも構いません。

基本的に、「化粧をしていったら施術が受けられない」ということはありませんのでご安心ください。

私の場合、自宅近辺のサロンに通う際は、スッピンで行くことが多いです。どのみち化粧を落とすことになるなら、初めからしない方が、化粧一回分のコストが掛からなくて済みますからね。

少しの時間でも周りの視線が気になる方は、軽く化粧をするか、マスクをして訪れる感じでも良いのではないでしょうか。

目的のサロンが自宅から離れたところにある場合や、公共機関を利用しなくてはならない際は、多くの方の目に付きやすいため、身だしなみとして化粧はきちんとしていったほうが良いのかもしれませんけどね。

そしてエステに行くときの服装は、エステサロンが用意したガウンや、使い捨ての紙下着に着替えるので、好きな服装で行って大丈夫です。

しかし、限られたスペースの中で着替えるので、着替えやすい服装が好ましいです。

また、アクセサリー類は当然すべて外す必要があるので、一ヶ所にまとめておけるケースを持っていくか、初めから付けていかない方が無難でしょう。

特に初めてエステサロンに行く場合は、高級そう、オシャレそうというイメージから着飾っていかないといけないと思うかもしれませんが、普段着のままで大丈夫です。

そして、いよいよエステサロンでフェイシャル体験となります。

ほとんどの場合、クレンジング&洗浄から入りますので、化粧をしていってもエステティシャンの方が綺麗に落としてくれます。

エステサロンのクレンジングは、自宅で行うよりも丁寧に行ってくれるので、

毛穴の中までしっかりと洗浄してくれます。普段のメイクの落とし忘れなども除去してくれるので、いつもの自分のクレンジングに自信が無い方は、ついでにやり方を教えてもらいましょう。

ごく稀ではありますが、予約確認の電話時に「明日は化粧をしないで来てくださいね」というサロンもあるようです。

恐らく、余計な時間や経費を削減するためだと思います。ただ、大手のエステサロンではそういったことはありません。

それと、こちらもお店の規模によって変わってくるのですが、パウダールームやドレッサーが用意されているところと、そうでないところがあります。

こういったスペースを設けているサロンであれば、コットンや化粧水などが準備されているため、メイク用品などを持参すれば、自分で化粧を落とすこともできます。

設備に関しては、事前に公式サイトなどで、パウダールームやドレッサーが設置されているかをチェックしておきましょう。

心配であれば、予約確認の連絡があった際、直接スタッフさんに質問してみた方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク

コース内容によっては化粧をしたままでもOK

化粧

エステを受けるコースによって、化粧をした状態でも受けられます。

例えば痩身の場合、施術をするのは首から下なので、大量の汗を掻くことになりますが、それでも気にならない方は化粧を落とさなくても支障はありません。

ただ、痩身コースでは、汗だくになってしまった身体を一度シャワーで流すことができるので、その際、顔の汗もキレイに洗い流したいと思う方には、施術を受ける前に化粧をしっかり落とすことをオススメします。

特に体のセルライトを減らしていく施術をする場合、血行を良くして代謝を上げて、循環を良くします。

そのためには、体を温める必要があるので、発汗を促すために、熱が逃げないビニールを体に巻き付けてサウナドームに入ったり、電気を流してホットパックをします。

大量の汗をかくので、顔に汗をかきやすい方は、メイクが汗でドロドロになってしまうことも・・・!

それが心配な場合は、メイクはせずに日焼け止めだけ塗ったり、施術前にしっかりと落とすと良いでしょう。

また、痩身コースの後は髪がぼさぼさになることがあるので、ドライヤーとブラシだけではまとまりきらないことがあります。

髪が上手くまとまらない方は、ヘアゴムやシュシュを持っていくと安心ですね。

フェイシャルでは、冒頭でもお話した通り、施術前には必ず化粧を落とすので、化粧をしていくかどうかはどちらでも構いません。

しかしスッピンで出掛ける場合は、紫外線を直に浴びてしまうので、日焼け止めクリームをしっかり塗ってから外出してください。

エステが始まる前に、カウンセリングでメイクや日焼け止めなどを塗っているかを聞いてくれるサロンもありますが、聞かれない場合もあります。

そのときは、予め自分からスタッフさんに伝えておいてください。

また、フェイシャルコースの体験が済んだ後に、メイクをしてから帰宅したいという方も、スタッフさんに尋ねておくと良いでしょう。

施術後すぐにパウダールームで化粧をしてからカウンセリング、というパターンと、カウンセリングを先に行ってからパウダールームに行き、自由に帰るパターンがあるようです。

多くの女性は化粧をして帰るようですが、エステティシャンの方からしてみると、なるべく素顔のまま帰って欲しいそうです。

なぜなら、施術を行った際に、美容成分を含むエキスが肌の表面に残っているため、その成分をじっくりと肌へ浸透させるためだからです。

時間が経過するに連れ肌へ良い影響を与えてくれるので、術後は素顔に近い状態でいることが、美しい肌づくりの近道となるのです。

皮脂や汚れを根こそぎから洗浄し、美肌に効果的なマッサージやパックをしっかり行ったのに、化粧をしたことによってその意味が無くなります。

せっかくの美容成分が最後まで肌に染み渡らないとなると、エステティシャンの方のテクニックも台無しになってしまいますからね。

素顔に自信を持つためにも、施術を受けたらそのままの状態で帰るという手段が、美貌に繋がりやすい一番の方法なのかもしれません。

スポンサーリンク

フェイシャルエステで毛穴を綺麗に、そして化粧ノリが良いうるおい肌へ

フェイシャル

フェイシャルエステに行くことで、一番実感できることは、”化粧ノリが良くなる”ということでしょう。

フェイシャルエステの施術後は、施術前に比べて肌の水分量が格段に増えています。

肌の水分量が多いということは、当然肌がうるおって、もちもちになるということ。

施術後の栄養たっぷりの肌では、ファンデーションなど、化粧のノリがアップしていることが分かるでしょう。

水分量が増えることで透明感も増すので、化粧の色もはっきりと乗るようになります。

顔色がくすんでいると、ファンデーションやアイシャドウ、リップの色も綺麗になりません。

せっかく良い化粧品を使っても、土台となる肌の色が悪いと綺麗に見せることができないのです。

しかし、サロンに通って肌に水分と栄養を与えることで、どんどん健康的に生まれ変わっていきます。

以前と比べて、表情まで明るく見えることは間違いないでしょう。

フェイシャルエステも、これまでお話したように肌を健康的にするエステから、

シワやたるみを改善するエステ、ニキビケアを得意としているエステなど、それぞれ得意としている分野があります。

大人になってからできるニキビというのは、一度治ったとしてもまた新しいのができたりして、完治させることが難しい場合があります。

また、シミやくすみというのも、顔にできてしまうと、消すのは一苦労です。

美白化粧品を使っても、効果を感じられず化粧の厚塗りでごまかすしかない、ということもあるでしょう。

こうした肌のトラブルというのは、年齢とともに治りにくくなるものですし、自宅でスキンケアをしても角質が厚くなっていたりして、保湿成分が上手く浸透しないことがあります。

スポンサーリンク

まとめ

なので、きちんとフェイシャルエステに通って、プロの手で根本治療をすることが重要になります。

あなたの肌の悩みに合ったエステを探して、そこを重点的にケアしてもらいましょうね。