ハイジニーナ脱毛の口コミと体験後の効果

考える女性

以前からハイジニーナ脱毛に興味があったのですが、不安と恥ずかしさで、あと一歩が踏み出せなかったんです。

やはりスタッフとはいっても他人に見られるのは恥ずかしい部分だし、実際そこまでしなくてもいいよね、と自分を納得させていました。

でも、最近皮膚が敏感になってきて、生理中のムレで肌がかゆくなったり荒れたりといった問題が出てきてしまったんです。

カミソリで剃ってしまうと、生えてきたときに先端の刺激でチクチク痛いので、ハサミですいてなんとなく誤魔化し続けていました。

そんなとき、脱毛サロンで脚の脱毛を始めようと思い、カウンセリングを受けると、「脚+VIO」というプランがあるのが目にとまりました。

思い切ってハイジニーナ脱毛に興味があることを伝えると、「VIOは脚の付け根にかけて生えていることもあるので、始めるなら脚と同時施術が効率よく脱毛できますよ。」とのことでした。

2、3回施術を受ければ、かなり毛量が減って楽になるし、その後は自分の満足できる程度まで減らしていけばいいともいわれたので、思い切って契約することにしました。

施術の前には、脱毛したい箇所のみカミソリで処理してくるようにといわれたので、かなり時間をかけてきれいにしました。

スポンサーリンク

ハイジニーナ脱毛の施術体験口コミ

ハイジニーナ脱毛の施術日当日は、いきなり裸になるのかな・・・とドキドキしていましたが、まず紙ショーツに着替え、前をボタンで閉じられるタオルを腰に巻いて待つよう指示されました。

他の部分の脱毛と同じように、剃り残しのチェックと保湿、ジェルをのせて照射が始まりました。

脚を開くときは、いきなり「脚を広げてください」なんて言われるかと思っていたのですが、まず「片ひざを立ててください」次に「立てたひざを外側に倒してください」と、恥ずかしさが軽減できるような配慮がありました。

施術に関係ない部分はきちんとタオルをかけてくれたり、「さすがプロだな!」と思えるような対応でした。

正直いうと、照射は他の部位よりもかなり痛かったです。

剛毛で多いからだと思いますが、特にIラインは恥ずかしさよりも痛さがつらくて「早く終われ!」と思うほどでした。

でも、一瞬のことなので毛が無くなることを考えたら、我慢できる範囲内だと思います。

スポンサーリンク

脱毛後の効果について

施術後10日ほどで、照射した毛が抜け落ちてきました。

そのときは、本当に子供みたいにツルツルになって、最初は違和感もあったのですが、 慣れるとすごく清潔な感じがします。

ハイジニーナ脱毛をはじめてから、生理中の不快感もかなり緩和されて、このまま脱毛を続けていくモチベーションがかなりアップしました。

やはり、次の脱毛の日までには新しい毛がかなり伸びてきますが、量が明らかに減っていたので、施術時の痛みも回を重ねるごとに減っていきました。

私の場合、4回目まではVIOの毛をすべて脱毛し、それ以降はIOは全部、Vは形を整えるように処理しています。

毛量が減って見た目もきれいだし、肌が荒れにくくなりました。

お風呂で湯舟にプカプカ浮かんでくる抜け毛もほとんどなくなり、水着になったときのハミ毛の心配もいらないので、脱毛して本当に良かったなと実感しています。

迷っている方がいたら、試しに体験脱毛を受けてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

そもそもハイジニーナ(VIO)脱毛って何?

「ハイジニーナ脱毛」とは「hygine(ハイジーン:衛生的)」という語から来た言葉で、女性器周辺のいわゆる「陰毛」をすべて処理するスタイルです。

「ハイジニーナ」という言葉は、海外モデルやセレブの間で広まっているので、テレビや雑誌などで耳にしたことがある人も多いかもしれません。

別名「ブラジリアンスタイル」ともいいますが、これはブラジルの女性たちがカーニバル用のハイレグの衣装から毛がはみ出さないよう、すべての毛をきれいに処理していたことが由来です。

ハイジニーナ脱毛のメリット

ハイジニーナ脱毛は、他の箇所の脱毛と比べて、衛生面でのメリットが非常に大きいです。

生理中の蒸れやかゆみなどの不快感、雑菌の繁殖やにおい、肌荒れ等は誰しも経験があるのではないでしょうか。

陰部の毛を処理することで、これらはかなり軽減されます。

もちろん、見た目もきれいで、水着やレオタードを着るときに毛がはみ出す心配がありません。

小さいTバックや可愛い下着を身につけたいという女性にも人気があります。

この部位はデリケートな場所だけに、カミソリや毛抜きで継続的に自己処理することはおすすめできません。

皮膚を傷めたり、次に生えてくるときにチクチク痛くなる等の問題が多いので、やはりプロに任せるのが一番だと思います。

サロンでのハイジニーナ脱毛

ハイジニーナ脱毛には、ブラジリアンワックスという処理で一気に抜きとる方法と、脱毛サロンで光脱毛により処理する方法の2つが主流です。

それぞれメリットとデメリットがありますが、ここでは、脱毛分量や範囲を自由に調整できる、サロン脱毛について解説します。

最近の脱毛サロンは、大抵VIOラインの脱毛コースを用意しています。
※VIOをハイジニーナ脱毛と記載するお店もあります。

Vライン

【Vライン】

別名ビキニライン。
脚を閉じたときに見える部分の毛の事です。

Iライン

【Iライン】

脚を閉じているときは見えない部分。
性器の左右に生えている毛のことです。

Oライン

【Oライン】

Iラインより奥の、肛門周辺の毛のことです。

これらの毛を処理していくわけですが、「毛が全部なくなるのは、温泉とか着替えの時に恥ずかしい…」と抵抗を持つ方も多いと思います。

海外ではハイジニーナといえば全ての毛を処理するのが主流です。

日本でもハイジニーナを公言する芸能人やモデルさんもいますが、一般の女性にとってはまだなじみの薄いもの。

また、日本は温泉やサウナの人気が高く、人前で裸体をさらす機会が比較的多いという文化に違いがあります。

なので、もちろん無理にすべての毛を処理する必要はありません。

例えば、IOラインをすべて脱毛してVラインは形を整える程度。

または、VIOラインを全体的に少なくする。といった方法も、サロン脱毛なら可能です。

これだけでも、普段の生活がかなり快適になりますので、女性ならば一度やってみる価値はあると思いますよ。