妊婦さんでも安心のマタニティエステ!その効果や行っても良い時期はいつまで?

ヴァンベール

最近は妊娠中でも自分の身体のケアをしたいという女性が多く、

妊婦さんでも安心して施術が受けられる、

「マタニティエステ」があるサロンが増えてきましたね。

身重の体で仕事や家事をこなす日々を送っていると、自然と疲労が蓄積され、

全身に癒しを求める女性はたくさんいるのではないでしょうか?

特に妊娠中は、いつもと違って何倍も疲れを感じやすい上、身体が思うように動かせないので、

疲労を和らげるにしても手段が限られてくると思います。

そんな妊婦さんに少しでも安らぎの場と癒しを与えられるよう考案したのが「マタニティエステ」なんです☆

今回は、そんなマタニティエステについて特集してみたいと思います!

 

スポンサーリンク

マタニティエステとは?

妊婦さん

マタニティエステとは、その名の通り妊婦さんを対象にしたメニューになります。

マタニティエステといっても、一般的なエステと同じように

フェイシャルやボディーのメニューを受けるので、大きな違いはありません。

ただ、お腹の大きくなっている妊婦さんに負担がかからないよう、

施術が横向きのシムス体位であったり、リクライニングシートを設けるなどの配慮がされています。

さらに機械は一切使わず、オールハンドのみで施術をして、

安全面を最重視しているのが特徴です。

それと、このエステを受けられるのは安定期に入った妊婦さんのみになっています。

母子手帳の提示や主治医からの許可を確認するなど、

体調面に人一倍気を遣いながら行っていく施術なので、安心して身を任せられますよ♪

 

マタニティエステのメニューと効果は?

全身
—-

妊婦さんが悩まされることとして、

お腹が大きくなるにつれて肩凝りや腰痛、むくみといった不調が出やすくなることがあります。

そんな時には、マタニティエステの全身マッサージがオススメ。

何かとストレスの多い妊婦生活を改善できるように、

アロマオイルを使ってしっかりリラックスさせてくれます。

癒し効果のある香りでの施術は、精神的な不安やストレスを和らげながら、

重くなった体の不調を取り除いてくれますよ。

 

施術のメニュー自体は通常と変わらず、

全身や上半身、下半身など気になる部分を重点的にマッサージしてくれて、

30分コースや90分コースなど、時間制を設けているサロンが多いようです。

 

フェイシャル
————–

全身マッサージの他に、フェイシャルのコースがあるサロンも多いようです。

こちらの一般の施術と同じように、

リンパマッサージや小顔マッサージといった、顔のむくみを取る施術をしてくれます。

あとは、くすみのケアや、肌のキメを細かく整えるトリートメントですね。

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で、

肌が乾燥したり、荒れることが多くなるもの。

そんな時は、フェイシャルマッサージでしっかり肌に栄養を入れて、

顔のくすみや肌荒れを改善してあげましょう。

 

妊娠線ケア
————

妊婦さんの大きな関心事の一つは、妊娠線ですよね。

妊娠線は、お腹が急激なスピードで大きくなるにつれて、

皮膚がその伸びるスピードについていけなくなり、皮膚が裂けてできてしまう亀裂のこと。

また、ホルモンバランスの変化皮膚が乾燥してしまい、

かゆみをともなってきてつい掻いてしまうと、

大きな傷跡が残ってしまいます。

ですので、マタニティエステのオイルやクリームを使った全身の保湿ケアで、

妊娠線ができにくい保湿肌を作りましょう。

しっかり保湿してあげれば、妊娠線予防だけではなく

全身がもちもちになる美肌効果も期待できますよ。

 

マタニティエステっていつ行けばいいの?

マタニティエステは基本的に、

『安定期(16週目)以降~臨月に入る35週目頃』まで受けることができます。

中には臨月向けのコースメニューを設けているサロンもあるようですが、

基本的には上記の期間が目安となります。

安定期前は、つわりなど体調が安定しないので避けた方がよく、

お腹がかなり大きくなってくると、仰向けになるのが辛いのでお勧めできません。

また、切迫早産など特別な注意事項がなければ、

特にマタニティエステへ行くために医師の許可は必要ありません。

しかし、妊娠しているということは、

もう自分一人のものではない大事な体。

妊婦健診の際に事前に相談しておくと安心ですね。

そして妊娠初期は、

医師の許可がないと施術を受けられないサロンもあります。

サロンに行く前に医師に相談し、

注意点や受けられない施術が無いかどうか、アドバイスしてもらいましょう。

 

総評

マタニティエステの最大の魅力は、

「妊娠中でも安心して美を追求できる」ことだと思いますが、実はそれだけではありません。

自分の身体と向き合うきっかけができるので、

体調を改善していくだけでなく赤ちゃんを迎える準備も整えられるのです。

マタニティエステを選ぶ時には、できるだけ病産院と提携したサロンを選んだり、

専門のサロンを選ぶと安心です。

また、アロマオイルを使ったマッサージを選ぶ場合は、

正しいアロマの知識を持ったセラピストがいるかどうかも確認しておきましょう。

精油の中には、妊婦の体調に悪影響となってしまうものもあるため、

正しい知識のもとで受けるようにしましょうね。

万全の体調で出産を迎えるために、

そして妊娠中やその後もきれいでいるために、マタニティエステを活用してくださいね♪