~脱毛の歴史~

脱毛の歴史

ここ数年来の脱毛ブームで、どのエステサロンでもメインとなるメニュー項目に「フェイシャル・ボディ」と並び、“脱毛”がラインナップされるようになりました。

今や脱毛を専門に扱うサロンも続々と登場し、世間を賑わせている大物タレントや女優さんを広告塔として宣伝を行うことで、幅広い年齢層への集客や企業のイメージアップに力を入れています。

本来、“脱毛は女性だけがするもの”と思われがちですが、近年は男性の脱毛も人気が上昇しており、ヒゲ・胸・お腹周りなど人気部位をセットにしたメンズ専用割引プランなども導入されているようです。

数年前までは一部のエステサロンでしか行われていなかった脱毛は、今では「身だしなみ」のひとつと言われるほどの地位を確保したと言っても過言ではありません。

ところでその“脱毛”、一体いつ頃から行われ始めたのでしょうね。

スポンサーリンク

脱毛は古代オリエントから!

少し調べてみたところ、脱毛が行われ始めたのはいつの頃からなどと言う浅い歴史ではないと言うことがわかりました。

なんと紀元前3000年~4000年頃、世界最古の文明「古代オリエント」の時代に脱毛が行われていたことが文献に記載されています。

当時の脱毛は宗教的な目的が主で、婚礼時などに花嫁に用いられたそうです。

硫黄、石灰などを粘り気のあるペースト状にして肌に塗り、少し乾いてきたら転がしながら体毛を除去する、今で言うワックス脱毛に近い方法で行われていたようです。

スポンサーリンク

世界三大美女・クレオパトラは特殊な脱毛剤を使用

紀元前300~100年頃の古代ギリシャの時代になると、性産業が発展したことで一般的にも女性の脱毛行為が盛んに行われるようになりました。

方法も様々で、指の間にひもを渡し、ムダ毛をひもで挟んで抜く方法や、焼いたハスの葉にカバの脂肪を加えたものを利用して脱毛する方法などがあったようです。

紀元前30~40年頃の古代エジプト時代には、世界三大美女の一人として知られるクレオパトラが脱毛を行っていたのは有名な話で、文献によると砂糖と蜂蜜などを練った脱毛剤を利用していたとされています。

 当時の埋蔵品の中から青銅(ブロンズ)のカミソリなども発見されていることから、一般の人々もカミソリでムダ毛を剃っていたことが確認されています。
スポンサーリンク

日本では平安時代から

日本においては、平安時代に貴族の女性の間で脱毛が行われはじめたようで、当時最もケアが施されていた部位は『額』です。

この頃(平安時代では)は額の形を整えることが高貴な女性の身だしなみとされ、額の余分な毛を抜いて墨で眉を整えていたようなのです。

脱毛に使用されていたのは2枚貝のハマグリで、貝の縁の部分に毛を挟んで抜いていたと言われています。

江戸時代になると、遊郭の遊女の間でアンダーヘアの除毛が盛んになり、小さな軽石で陰毛の長い部分をこすり切ったり、お線香で焼いたりしていたそうです。

江戸時代後期には脱毛が美容法に!

江戸時代の後期では、眉毛と目の間が広い女性が美しいとされ、一般女性にも眉毛の脱毛が普及しました。

毛抜きで眉毛を抜いて整えていた様子は、浮世絵などにも描かれています。

さらに、脱毛を美容法と捉えて手足に施されていたことが当時の書物に記載されています。

軽石を砕いた粉に、木の実から採った油を混ぜたものを手足に擦り込み、ムダ毛を除去していたそうです。

脱毛した後のお肌には「へちま水」や「うぐいすのフン」を塗り、お肌の保護、いわゆるスキンケアを行っていたこともわかっています。

近年の脱毛ブームは海外ドラマがきっかけ?

脱毛の歴史は意外にも古いことがわかりましたが、近年においてのブームのきっかけは、「脱毛はファッション」と考えるアメリカの影響が大きいのではないでしょうか。

19世紀に入り、ハリウッド映画が世界的に大ヒットを飛ばしていた時代、ハリウッド女優の脱毛方法が注目され始め、いわゆる永久脱毛と言われる様々な方法が話題になりました!

毛穴にハリを入れて電流を流す電気針(ニードル)や、レーザー脱毛などが研究・開発されたのもこの頃ですが、当初は痛みを伴ったり、皮膚に炎症を起こしたりとリスクを伴うことが多く、一般的には普及しませんでした。

アンダーヘアの処理が常識とされているアメリカでは、一般的にはワックス脱毛が盛んで、美容院・SPAでも当然のように用意されていて、多くの女性に支持されています。

海外ドラマ「SEX and theCITY」で、主人公の女性達がブラジリアンワックスをするためにサロンに通うシーンが話題となり、日本での脱毛ブームの火付け役になったとも言われています。

日本のエステティックサロンで脱毛メニューをいち早く取り入れたとされるのは業界大手の「エステティックTBC」で、電気針機器が日本に輸入された1970年代にニードル式脱毛を導入して注目され始めたようです。

そして1997年に入りレーザー機器が輸入されると同時にフラッシュ機器の開発が進み、国産製の脱毛機器も誕生しました。

輸入・国産と多種類の機器が市場に出回るようになったことでほとんどのエステサロンが脱毛メニューを導入、さらには専門サロンまでもが次々と誕生し、一気に脱毛人気が加速したのです。

脱毛の歴史をさかのぼれば、脱毛が単なる流行でないことが測り知れるかと思います。

この先の時代も様々な脱毛方法が誕生し、脱毛美容法として更に進化しながら受け継がれて行くことでしょうね。